葉酸 食品

厚生労働省が妊婦に葉酸の多い食品を推奨しているわけ

葉酸はDNAの生合成に欠かせないもので、頻繁に入れ替わる血液の中の赤血球の合成や妊娠中の胎児の細胞分裂や新陳代謝にかかわる重要な栄養素です。

 

そのため、胎児がおなかにいる妊婦は特に葉酸の消費が激しくなります。

 

もし足りなくなると、血液に含まれる赤血球がうまく作られなくなり、妊婦が貧血などの葉酸欠乏症になることもあります。

 

 

それだけではなく、実は近年の数多くの研究の結果、葉酸が足りないことが胎児の発育に悪影響を与えてしまいます。

 

その結果として、先天異常である神経管閉鎖障害を引き起こしていることがわかりました。

 

神経管閉鎖障害というのは、胎児の発育の途中に脳や脊椎の神経がつながらなくなったために起こる障害です。

 

脊椎や脳に瘤ができ下半身の麻痺を起こしたり、脳が育たず無脳症になるような先天性の障害を指します。

 

 

 

妊娠初期は胎児の重要な器官の細胞分裂が活発になる時期にあたります。

 

特にこの時期に葉酸が不足すると、この神経管閉鎖障害を起こすリスクが高くなってしまうのです。

 

そのため2000年に厚生労働省は、妊婦やこれから妊娠したいと考えている女性には、なるべく葉酸の多い食品をとるように注意喚起を促しました。

 

その内容は、1日当たり0.4mg(400μg)以上の葉酸を摂取することを推奨することとなっています。

 

 

ところが、葉酸を多く含む食品はいろいろあるのですが、水に溶け出してしまいやすく、熱にも弱いため、調理の段階で失われてしまいやすいというデメリットがあります。

 

残念ながらなるべく葉酸の多い食品を食べるよう心がけても、なかなかその推奨どおりの量を毎日とり続けるのは難しいのです。

 

 

厚生労働省は、安易にサプリメントに頼るべきではないとしながらも、この葉酸に関しては、明らかにリスクを下げることができることがはっきりしています。

 

そのため必要性に応じて葉酸サプリを併用し、活用することも推奨しています。

 

なるべく葉酸の多い食品を心がけつつ、葉酸サプリで足りない分を補うようにしましょう。

 

★厚労省e-ヘルスネット